Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 12月
«
»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

記事カテゴリ

ログイン

ログイン

QRコード

QR code

 2019年12月 7日(土) 14:59 JST

冬が来る前に…④


 《映画:沈まぬ太陽
 
封切されてから、とてもみたい映画だった;
帰阪予定の2009・12月末まで上映しているかどうかわからなかった。
この上京で、是非ともみたいと思っていた。
…あとでわかった事だが、2010年1月末でもロングランしていた…
 
それはそれ、見たい時に、見たかった…の。
 
ファイル①
 
  
 【S】
2009・11・15、帰り便の羽田⇒ソウル出発時間は19:35だった。
十~分映画を見れると~高をくくっていた。
崔スンヒさんと会う為、午前の上映は見ることはできなかった。
私が望む午後の上映時間はなかった。
やっと見つけたのが…日比谷スカラ座14:20~17:50のものだった。
日比谷スカラ座から羽田まで1時間で行けるだろうか…?
地図が読めるをんなは「行ける」と、判断した。
 
日曜日の昼下がり、JR有楽町駅から~
  ~ぶらぶら~きょぅろきょぅろ~13時に日比谷スカラ座に到着。
余裕かと思いきや~ほぼ満席状態
     おひとりさまゆえ、良い席をゲットできた。
時間があったので、皇居の石垣を見ながら…
      羽田までの無駄のないルートを考えていた。
程なくして劇場へ向かったが、途中…
           突然、忘れていた痛みが… うっ!
 
 
 【SZ】
日比谷スカラ座は、帝国ホテル筋隣で東京宝塚劇場地下にあった。
私は、先日(11/11)のバス事故で~階段昇降は手すりがないと
不自由になっていて…特に下りは苦しかった。
 
劇場内、ざぁ~と見回せば、壮年夫婦・年配女性グループ~ばかり
  時々若カップル等、客層は様々、私の両隣は若いカップルだった。
3時間超の長丁場、着てきたコートを丸め、腰のクッションにした。
準備完了
 
映画が始まり、最初の衝撃的場面で…
      両側若カップルの女の子が、うぅっと声を詰まらしていた。
途中、10分のインターミッションの画面が出た時、会場がどよめいた。
皆さん、わかっていたにもかかわらず、大きなどよめきは面白かった。
会場内が、一体感になった様にも思えた。
 
わたし的、上映時間は長いとは感じなかった。
 
 【SZM】
映画を見始めて、なぜか初めて見た感じがしなかった。
次なる展開が前もって予想できた。
原作を読んだからではなく…
PCで、この映画を見た400余人の感想を読んでいた為だった。
 
それならと、いまの著しく発展したこの時代に
…作品のあの時代考証をどのように表現しているのだろう…
という視点で見ていった。
 
 
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり、サイト管理者は責任を負いません。

  • 冬が来る前に…④
  • 投稿者:VESPER on 2010年1月26日(火) 23:00 JST

冬が来る前に②が早く見たいです!!