Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 09月
«
»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

記事カテゴリ

ログイン

ログイン

QRコード

QR code

 2019年9月24日(火) 17:52 JST

時の人~Ⅳ~ 森 光子さんと「放浪記」

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面

前回「 ほほえみ、お江戸に行く 」で、軽く
「放浪記」を観たとお伝えしました。
少しお話を加えたいと思います。

…上京して…「放浪記」の話題性には驚きました。
特に私が観劇した5月18日は、2000回の偉業(5/9)を
達成された後なので…
劇場内は祝賀ムードでいっぱいでした。
よい機会なので 私は…
帝劇内を隅から隅まで見回りました。

◇以外とロビーは狭くこじんまりしていました◇
◇無料ロッカーもホントに無料で使えます
  (返金タイプの無料でなくて)◇
◇隅っこにある、劇場開場の祝辞銘板もパチり・◇

◇ロビー美術品も楽しめました◇

◇本日、座席数1895席に今回補助席プラス40席=1935席也◇
◇劇場内の椅子は…深い円地のベルベット調で…
    レトロぽく…趣がありました◇

“ものがたり”
「放浪記」作者、林芙美子氏の売れない作家時代の20代…
貧困と向かいながらも原稿を書き、
一方で放浪な恋愛人間模様があり…
したたかな方法で、昭和5年、「放浪記」が世に出版され、
女流文壇の流行作家となり多忙な日々をおくり…
そして晩年、彼女に会いに来た、昔共に作家を目指した
元ライバルだった友人が言う台詞…で 終わる…。

『…お芙美、あんた…ちっとも幸せじゃないんだね…』

2009年5月9日、89歳になられたという…森光子氏。
舞台では…
他の配役の方々の強いバックアップは否めないけれども…
声の張り、可愛い仕草、見つめる目の強さ…
その中でも!カフェ内の場面で、女給役の彼女の
ステップ 》 は!素晴らしかった!!!!
20代の女給さんに見えた錯覚におちたほどでした。
今も目に焼き付いて忘れられないほどです。

あぁ~森光子氏が60歳の「放浪記」を
見たかったなぁ~と思いました。
29年前ねぇ…ん~生まれてい…  
  《 ぶぅ~ぶぅ~ぶぅing
ハイ!余裕で,生まれてました!( ̄^ ̄)v 
観客の方々の平均年齢は70歳ぐらいで…
男性も35%程いらして多く感じました。
20代の人は2~3人ほど見かけました。
入場が12:30頃で劇場を出たら…
お濠からの西日が眩しく迎えてくれました。

テレビで見ても伝わらないモノが舞台はありますね。
舞台の素晴らしさを改めて感じさせられました。
J事務所のアイドル達が、森光子氏の応援にくる場面を見て、
最初はわからなかったケド…話題性以前に 彼らは、
森光子氏への『深い尊敬の念』の他に何もない、
と思う様になりました。

私にとってこの舞台は~全く情報も知らず…
深い関心もなく…Off日が月曜日でなければ、
ご縁がなかったと言っても過言ではありません。
ほんまに、私は…失礼者でございます!! (>_<)
でも!こんな私に…このような機会があった事に感謝したく思います。
そして私の人生にとっても…
 
国民栄誉賞受賞、おめでとうございます。


おまけ(;^_^A
私が21才の時…舞台の主役を演じたコトがあります。
ある200人程の成人式の前座ではありましたが、           約1時間の舞台でした。
キャストは素人、スタッフはプロの方でした。
最後に…ひとり舞台に立ち、未来を見つめて…という思いを込め、
スポットライトに向って片手をあげて…台詞を叫び。。。終わりました。
全てのライトに照らされると観客は見えず…
下手な演技に酔いしれてたのを思い出しました(;^_^A
監督さんから頂いた色紙の言葉が…

【 青春は あぶらぜみの 絶唱 】

6月のご挨拶

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面

 

ソウルのパラム ~風~

ほほえみ young-ja の日記

2009年6月!

皆さんのご健康と息災とご多幸を切に祈念します。

   青いバラ

 

 

ほほえみ、お江戸に行く

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面

渡韓して、お江戸入国は 今回で3回目。
仕事上の調べ物や恩師の墓参の為の上京であった。
そしてOff日を作り、帰阪を一日延ばした。
日曜昼に入国した時点で、Off日が先方の都合上決まらなかったが…
夕方、Off日が月曜日と決まった。
私にとって 一番避けたい曜日だった(>_<)
なぜなら、美術館、博物館関係が休みだからである。
それならァ~文楽か歌舞伎を観ようかと…
新聞の劇場欄を見ていたら ある演目が飛び込んできた。
      「放浪記」
瞬間的に帝国劇場に電話をかけていた。
チケットは千秋楽まで完売、当日券は補助いす40席のみ、
ひとり二枚まで10時から販売との事。
Off日(月)のスタートは帝国劇場の当日券ゲットと決まったo(^-^)o

月曜日晴れ、9:05JR有楽町駅下車、地図が読める私(^_-)vは…
丸の内の静かなOffice街を歩いて、あっけなく帝国劇場に到着

※26人目、ビミョーより諦め色強し…。
程なく上品な同世代の奥様がひとり~私の後ろに…
更に、茨城県北部から来たというオバサン達が続いた。
10時前にチケット販売が始まり…
私はラスト4枚の1枚をゲットできた\(^O^)/

待ち時間の雑談~同世代の彼女はこの舞台のリピーターであった。
雑談の中、日本味に飢えていた私は すかさず、
ラーメン店を一つ教えて下さい、と願ったところ、
有楽町マリオン前の<康竜>という店を教えて下さった。
店名と私の名前の中に、同じ漢字があり、親近感がわいた(^-^)
マリオン?行ってみたら~ひとつの建物の中に
縦半分が阪急百貨店、もう縦半分が西武百貨店が入っていた…
その建物を通り抜け、横断歩道を渡ったら その店はあった。
美味しかった!ケド、好みを言わせてもらえば…
ストレート細麺よりちぢれ麺がよかったかなぁ~。

有楽町マリオン前に人の行列があった。
気になって…警備している人に聞いたら、
ドリームジャンボ宝くじの販売初日の行列で1時間待ちだという。

数寄屋橋交差点のたもと、
<西新宿①番売り場>で買うと当たる確率が高いという

それだけきいて…早足に帝国劇場へ向かった。
1時開演、4:50公演終了( 時の人~Ⅳ~ 森 光子さんと「放浪記」
帝国劇場の中を少し観察して、劇場を後にした。
私の足は…なぜか先程の宝くじ売り場にむかっていた(;^_^A
待ち時間10分ときき、並んでバラ10枚お買い上げ~。
                (ご報告;¥3,000当た~り)
そして…私の足は神田に向っていた…。

JR神田駅にある、美味しいビールとショットBarのお店。

半年ぶりなので…行けるか心配だったが~無事到着
でもお店の入口を探すのにちょっぴり、てこずった(;^_^A
ビールを頼む時…迷っていると…お店のイケメンが…話かけてきた。
イケメン 「うちのお店は初めてですか?」
 ほ   「半年前に…同級生が連れて来てくれて…
    その時のビールが飲みたくて来たの。」
イケメン  「じゃ~きっと、こちらのビールですよ」
 ほ   「じゃ~これ、1pint(≒中生グラス)」

おいしい~!!そうそう、この味だったわ…
もう一杯そのイケメンが推薦する新入荷ビールを1pint…
でもやっぱり思い出のビールがおいしいのでもう一杯、1/2pint飲みなおした

ありがとう、と言ってお店を出ようとした時…例のイケメンが近づいてきた。
  《 まさか!もしか?ドラマが始まる?》
「またお友達と来て下さいね」と彼は言った。
  《そんなわけ、ないか~、ないよねぇ~、自分の年齢を勘違いし過ぎ!》

私は、うなづいて、無言で握手を求めた。
彼も 握手に応じてくれた。
彼の手は、いま洗い物をしていた様で、冷たくて柔らかかった。

ほろ酔い気分でホテルに着いた、9時30分だったと思うZzz…。
ほほえみのお江戸Off日が終わった…。

 

視点の路地裏~序章~

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面

自宅から地下鉄で30分のところに行き付けの食堂がある。
元同僚のKちゃんが(12才下・同じ誕生日…お誕生日②)
教えてくれた。
Kちゃんは週2~3回、私は月3~4回行き…
私が行く時は二人で行く場合が多かった。
5月のある日、いつもの様に、現地集合で会い…
日本語で話しながら遅い昼食をしていた。
すると!
隣のテーブルのおじさん(60代後半?位)が話しかけてきた。
私の場合、首を左95度に向けないと…その人は見えないが、
向かい側に座るKちゃんは普通の視野に
その人が入る位置関係にあった。

隣人 「私も日本語知ってるよ」
私達 「そうですかァ~(^-^)」
隣人 「テンノウヘイカ、バンザイ」
Kチャン「……、(;^_^A 」
ほ   「……、(;-_-+ 」
生の声で 初めて聞いたフレーズで少しビックリ!
私は、こうべをゆっくり左95度に向けて…その人を見た。
意味を知っていて 言っているのがわかった。
私達が席を立った時、その人は私を見ていた、
私も目をそらさず…見つめ返した。

これと似た場面は、韓国で生活していると…
必ず一度は遭遇する。私は数知れず…
歴史・教科書・靖国等の問題をきいた時、戦後64年、
まだ何を言ってるの?いつまで言うの!と思う人が多いと思う。
私もそう思っていたケド…ソウル生活をしていて…
無知はどこまで許されるのか~と考える様になった(・_・メ)

私のソウル生活の中で、あえて触れずにいた経験を、少しずつ…
語ってみようかと思う。
政治的でなく…メディア的でなく…一般韓国人の生活の中に見る
日本観・日本人観を感じて下されば幸甚と。

 ほ 「日本は戦後賠償しているはずよ」と言ったら…
韓友「いくら補償したか知っていて 言っているの?」と返ってくる。
 ほ 「ん~、継続的経済援助もしてるし…(^_^;)」
韓友「はぁ?!補償と援助は別でしょ!
 ほ 「うッ、うん、そ・そうなんだ…ケド…(-_-;)」
相互関係が悪くなるのでここまでで終わった。

何か消化不良の私だった。


オンラインユーザ

ゲストユーザ: 12

新着情報

記事

-

コメント (7日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

新着ファイル (14 日以内)